仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 臨床検査科> 一般検査室

一般検査室

一般検査室

一般検査室では主に尿、便、脳脊髄液、穿刺液などの検査を行っています。

尿検査

尿検査は、主に尿定性検査と尿沈渣検査があります。尿定性検査では、尿中の蛋白、糖、潜血、ビリルビン、ウロビリノーゲン、ケトン体、亜硝酸塩、白血球などの成分を試験紙法で調べます。また、尿沈渣検査は尿の有形成分を顕微鏡などで調べ、出血や感染及び異型細胞の有無などをみます。これらは、腎臓や尿路系の病気の診断に重要な検査です。

尿試験紙法における最も一般的な採尿法は自然排尿で、採尿の際に前後の尿は捨て"中間尿"を採取します。(下図参照)

中間尿の採り方

便検査

便検査では、便中の血液を調べることにより大腸などの消化管からの出血の有無がわかります。(大腸がんスクリーニング検査)

髄液検査

髄液検査とは、脳脊髄液を採取して性状を調べる検査です。感染によって髄膜炎を発症していないかなどを調べます。


ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.