仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 臨床検査科> 細菌検査室

細菌検査室

細菌検査室

細菌検査室では、患者さんが病原微生物により感染症を引き起こしているかどうかを検査しています。喀痰・咽頭粘液・血液・便・尿・膿などの検査材料を採取し下記の検査を行います。また、病院内で感染症が広がっていないか随時最新データを収集し感染対策委員会で報告しています。

塗抹顕微鏡検査

患者さんより採取された検体中に病原微生物が実際にいるかどうかを、顕微鏡を用いて観察します。これら塗抹顕微鏡検査は、細菌検査の中でも最も迅速性のある検査の一つでもあり、炎症の有無(度合い)なども判定出来ます。

グラム染色像

チールネルゼン染色像

培養検査

患者さんから採取した検体中に、感染症の原因となる細菌がいるのかどうかを検出するために、細菌が発育しやすい環境(培地)に検査材料を塗ります。そして菌が発育しやすい環境下で約1日培養すると、細菌のコロニー(集落)ができます。培地に発育した菌の種類を決定するために同定検査を実施します。

細菌のコロニー・液体培地

同定検査

培養検査で発育したコロニーを観察すれば、ある程度菌名を推測することは可能ですが同定(菌名の決定)するには、この独立したコロニーや培養陽性になった液体培地を用いて更に詳細に菌の性質を調べ菌種を決定します。細菌の性質には糖分の分解性、アミノ酸の分解性など様々な性質を調べて菌の種類を決定します。また、遺伝子検査で菌種を同定する方法などもあります。

検査パネルによる同定・伝子検査機器による同定

薬剤感受性検査

薬剤感受性検査は、同定された菌に対して、どの抗菌薬が、どの位の濃度で効くかを調べます。方法は培養検査のコロニーを使い、さらに菌を発育させる環境下におきますが、この時に濃度や種類が違う抗菌薬を環境に混ぜて培養します。そして菌が発育しなければその薬剤が効くと判断し、発育すれば効かないと判断します。これらの結果を基に抗菌薬の種類と量、服用の方法などが決定していきます。

ウィルス検査

“かぜ”症状の患者さんの“のど”あるいは“鼻”などから採取された検体から、“かぜ”の原因となるウイルスを検出します。現在インフルエンザウイルスを始めとして10種類以上のウイルスを検出することができますが、これら項目はウィルスセンターにおいて検査しています。詳しくは「ウィルスセンター ホームページ」をご覧下さい。


ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.