仙台医療センタートップページ >>  基本理念・概要・沿革  >> 患者様等への医療の提供に必要な利用目的

患者様等への医療の提供に必要な利用目的

I 国立病院機構内部での利用

  1. 患者様等(検診・健診・ドックを含む)への医療サービスの提供
  2. 医療保険事務
  3. 患者様にかかる管理運営業務のうち、
    1. 入退院等の病棟管理
    2. 会計・経理
    3. 質向上・安全確保・医療事故あるいは未然防止等の分析・報告
    4. 患者様等への医療サービスの向上

II 他の事業者等への情報提供

  1. 当院が患者様等に提供する医療のうち、
    1. 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    2. 他の医療機関等からの照会への回答
    3. 患者様等の診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    4. 検体検査業務の委託・その他の業務委託
    5. 家族等への病状説明
  2. 医療保険事務のうち、
    1. 保険事務の委託
    2. 審査支払機関又は保険者へのレセプトの提出
    3. 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  3. 事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果の通知
  4. 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談または届出等
  5. 第三者機関への、質向上・安全確保・医療事故対応・未然防止等のための報告

III 上記以外の利用目的

  1. 当院での利用
    医療機関等の管理運営業務のうち、
    1. 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    2. 医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士・医療事務等の学生実習への協力
    3. 医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士等の教育・研修
    4. 症例検討・研究および剖検・臨床病理検討会等の死因検討
    5. 研究・治験および市販後臨床試験の場合、関係する法令、指針に従い進める。
    6. 治療経過および予後調査、満足度調査や業務改善のためのアンケート調査
  2. 学会・医学誌等への発表
    特定の患者・利用者・関係者の症例や事例の学会、研究会、学会誌等での報告は、氏名、生年月日、住所等を消去することで匿名化する。匿名化困難な場合は、本人の同意を得る。
  3. 他の事業者等への情報提供を伴う事例
    当院の管理運営業務のうち、
    1. 外部監査機関への情報提供
    2. 当該利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)照会への回答
  4. 一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会(MMWIN)での保存
  5. *上記のうち、情報利用について同意しがたい事項がある場合には、その旨を担当窓口までお申し出ください。お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等することができます。

  6. 国立病院機構診療情報集積基盤での利用

IV 例外として、同意の必要のないものがいくつかございます。

(知りたい方は管理課におたずねください)

平成28年1月1日        国立病院機構 仙台医療センター 院長