仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 血液内科

血液内科

概要

当科は平成17年4月より独立の診療科となっております。常時、入院患者数40名を超え、年間入院患者数は550名程になります。大部分が悪性血液疾患で、悪性リンパ腫が最も多く、次いで、急性白血病、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、慢性骨髄性白血病等の診断・治療を行っています。

一方、重症再生不良性貧血や、特発性血小板減少性紫斑病、自己免疫性溶血性貧血などの非悪性血液疾患の紹介もかなり多く緊急入院となることもしばしばあり、重要な疾患として取り組んでおります。診断の難しい稀少疾患についても、様々な診断方法を取り入れ正確に診断するよう努めています。

造血幹細胞移植療法では、骨髄バンク認定施設ではありませんが、同胞間造血幹細胞移植を行うと共に、日本さい帯血バンクネットワーク登録病院として臍帯血移植も積極的に行っています。再発悪性リンパ腫や多発性骨髄腫への自己末梢血幹細胞は適応があれば標準的治療として行っております。高齢者への自己移植、ミニ移植にも取り組んでいます。

また、当科は東北ブロックエイズ拠点病院であり、東北HIV感染診療の中心です。

最近、新たに若手医師の加入があり、さらに充実した血液診療をめざし取り組んでおります。

特色

  1. 悪性疾患のみならず、再生不良性貧血等の非悪性疾患にも診療経験が大変豊富です。
  2. 移植経験豊富な医師により、血縁者間同種造血幹細胞移植、自己末梢血幹細胞移植、臍帯血移植、高齢者へのミニ移植を行っています。
  3. 県内では数少ない血液凝固専門医が常勤し、出血性疾患、凝固異常診療が充実しています。
  4. 東北ブロックエイズ拠点病院として、診療のみならず、臨床研究、研修・教育地域への情報提供支援活動等を活発に行っています。
  5. 総合病院の利点を生かし合併症を有する患者さんの診療も他科と緊密に連携のうえ治療を進めて参ります。
  6. 常勤病理医や検査科スタッフと密に協力し速やかで正確な診断に力を注いでいます。
  7. 薬剤部と協力し安全で効率的な化学療法を実施しています。

医師紹介

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
血液内科部長 目黒 邦昭 昭和56年 血液疾患、造血幹細胞移植 日本内科学会認定医、日本血液学会専門医、東北大学医学部臨床教授
医師 横山 寿行 平成9年 血液疾患、造血幹細胞移植 日本内科学会認定医、日本血液学会専門医・指導医
医師 勝岡 優奈 平成8年    
医師 渡邉 真威 平成22年   血液専門医、総合内科専門医

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.