仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 精神科

精神科

概要

仙台医療センター精神科は、昭和33年の診療科創設以来一貫して、臨床重視の姿勢を堅持しながら歩んできました。精神科医療は、患者さんの権利擁護についての高い倫理観、深い病態理解に基づいた診断、そして薬物療法と精神療法(カウンセリング)が高レベルで統合された治療、さらには地域の関係機関・福祉資源との緊密な連携によるリハビリテーション・社会復帰の方略が必要とされます。当科ではこれらの均衡のとれた達成を目指しております。特に診療においては、近年の精神医学の中で弱体化の危機が叫ばれている精神病理学的な病態理解を重視し、これを診断・治療に十分活かすことを心がけています。

当科は、病床を備えた総合病院精神科として宮城県内でも稀少な存在です。単科精神科病院や診療所で対応困難な身体合併症を有する精神疾患の治療は、総合病院有床精神科に期待される最大の役割と言われますが、これを担える病院の減少が全国的にも深刻な問題となっています。当科ではこの重要なニーズに応えるべく、院内各科の協力を得ながら日々努力しております。

対象疾患

精神疾患は、統合失調症とその近縁疾患、気分障害(うつ病、躁うつ病)、認知症を含む脳器質性精神疾患、各種の神経症性障害や摂食障害、物質関連障害(薬物依存症)など幅広く、年齢層も小児から高齢者までライフサイクルのすべてに亘っています。また、社会的・文化的背景によって表現型が変化したり、時に新たな病像が出現することも特徴と言えましょう。当科ではこうした多種多様な対象疾患とその病態に対して、オールラウンドかつオーソドックスな医療を提供することを目指しております。

特に初診時15歳未満の方を対象として、特殊児童センター(児童精神科)を開設しております。新患の受付は週1回の予約制となります。

診療実績

平成24年度の年間退院患者数は117名で、統合失調症とその近縁疾患が最多ですが、近年、高齢者の認知症を含む器質性精神疾患や若年者の摂食障害の入院が増えてきています。精神保健福祉法による入院形態(入院時)は、医療保護入院が約6割、任意入院が約4割、措置入院が数名となっています。また、重症身体合併症を有する方の割合が新入院者の3割強にのぼっており、院内各科の協力の下で治療にあたっています。この他、院内各科への往診(リエゾン精神科医療)を多数行っており、緩和ケアチームへも参画しています。

平均在院日数は80日前後で推移しており、精神科病棟として高いアクティビティを保っています。

医師紹介

精神科 医師一覧

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
精神科部長 岡崎 伸郎 昭和60年 精神病理学、精神保健学、社会精神医学、司法精神医学 精神保健指定医(国家資格)、日本精神神経学会精神科指導医、日本精神神経学会精神科専門医、宮城県精神保健指導医
精神科
医長
菊池 孝 昭和62年 一般精神医学、児童青年精神医学、精神病理学 精神保健指定医(国家資格)、日本精神神経学会精神科専門医、仙台市精神保健指導医
医師 三輪 真也 平成6年 一般精神医学 精神保健指定医(国家資格)、日本精神神経学会精神科指導医、日本精神神経学会精神科専門医
医師 齋藤 実奈子 平成20年 一般精神医学  
医師 小田桐 裕香 平成24年    

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.