仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 呼吸器内科

呼吸器内科

概要および診療方針

当科は宮城県および仙台市の呼吸器診療をリードする中核の病院の一つである。対象疾患は急性疾患から慢性疾患までの呼吸器疾患全般であるが、なかでも、肺癌、気管支喘息、肺線維症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、呼吸器感染症を主な対象としている。また、睡眠時無呼吸症候群の外来での検査、診療も行っている。学会、研究会にも積極的に参加し、常に質が高くup to dateな医療をするよう務めている。

診療に際しては、患者さんに病状、検査内容などを十分に説明すると共に、インフォームドコンセントに基づき、患者さんのQOL(Quality of Life)や要望に十分配慮した診療を行うよう心がけている。肺癌に関しては呼吸器外科・放射線科と毎週末カンファランスを行い、密な連携をとりつつ包括的肺癌診療を行っている。

他の市中病院とは貴重な症例や示唆に富む症例等に関する合同カンファランスを定期的に開催し、また開業の先生方との交流も積極的に行い、病病連携、病診連携を推進し、紹介患者さんも積極的に受け入れている。

主要疾患の診療

肺癌

肺癌は年々増加傾向にある。当院は国で認定された癌拠点病院であり、呼吸器内科入院患者の半数以上は肺癌患者である。最近は仙台市のみでなく、近隣の地域や他県からの紹介もあり、肺癌患者の数は年々増加している。当院には呼吸器外科、放射線科が併設されおり、肺癌に対する外科手術、化学療法、放射線療法の全ての治療が可能な県内では数少ない病院の一つである。従って肺癌の診療にあたっては、これらの科と綿密な連携の上で最良の治療法を選択している。

肺がんは予後の最も厳しいがんの一つであるが、最近分子標的薬治療の進歩により、生存期間が延びつつある。特に限られた患者さんではあるが、イレッサやタルセバによる治療で、これまでは考えられなかったほど長期生存する患者が見られるようになっている。肺がん治療のパラダイムシフトがおこりつつあり、これまでの延命効果を目指す治療ではなく、内科的にも治癒を目指す治療の「萌し」がみられる。当科でもこのような最近の進歩に留意した治療を行っている。

気管支喘息

近年の日本に於けるアレルギー疾患の増加に伴い喘息の有病率も小児で5%成人で3%と増加している。

当科でも喘息患者は多く、外来患者の半数近くは喘息となっている。最近における喘息の病態生理の解明、喘息治療の進歩はめざましく、10年ほど前とは様変わりしている。まず、喘息は慢性の気道の炎症性疾患であると考えられるようになっており、治療の基本として吸入ステロイドが多用されるようになっている。また、ピークフローを治療効果および自己管理の指標として用いることにより、重症化する前に適切な治療をすることが可能となっている。当院でもこのような最近の成果に基づいた治療を積極的に推進しており、その成果として、当院における喘息の救急受診数、入院数は減少しつつある。毎週水曜日午前に喘息専門再来(菊池正担当)を行っており、また年1〜2回の喘息教室も開催し治療指導を行っている。

肺炎

最近「市中肺炎治療のガイドライン」、「院内肺炎治療のガイドライン」が改訂されており、当院でもこのガイドラインに沿った診療を行っている。しかしながら、わが国の人口の高齢化に伴い、80歳以上の高齢者の肺炎は増加している。その多くは誤嚥性肺炎であり、治療に長期間を必要とし難治性のことが多く、重症で緊急入院の必要な患者も多い。現状ではベッドの関係からその全てを受け入れることは難しいが、病診連携を推進する立場から出来る限り救急時の受け入れを増やすよう務めている。

COPD

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は既に欧米では45歳以上の死因として第4位であり、WHOの統計では、今後、数年間全世界的に増加が予想されている。治療法としては、禁煙が最も重要であるが、薬物療法としてテオフィリンやβ刺激剤の他、抗コリン剤の有効性が報告されている。当科でもこのような最近の研究の進歩に基づいた治療に務めている。また、在宅酸素療法も積極的に採用している。

医師紹介

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
総合内科部長
呼吸器内科部長
感染対策室長
三木 祐 昭和59年 呼吸疾患一般、肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群、感染症 日本呼吸器学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・指導医、ICD制度協議会ICD、日本医師会認定産業医、東北大学医学部臨床教授
呼吸器内科医長 菊地 正 平成6年 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、呼吸器感染症、肺がん、呼吸器疾患全般 日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医、日本医師会認定産業医、ICD制度協議会ICD
医師 西巻 雄司 平成10年 呼吸器疾患全般、感染症 日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医、日本感染症学会専門医・指導医
医師 宇佐美 修 平成9年    
医師 森 一也 平成26年    

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.