仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 小児外科

小児外科

特徴および重点をおいている疾患

新生児から思春期にいたるまでの外科疾患の診断、治療を中心におこなっています。

ヘルニアや陰嚢水腫、虫垂炎、体表のできものなど日常的なものはもちろん、停留精巣、包茎、臍ヘルニア(でべそ)などは東北で有数の治療数を誇っています。

仙台医療センターには多くの診療科があるので、同じ疾患を複数の科が対象としている場合があります。このような場合には一部の疾患についてはそれぞれを専門としている科に紹介し、患者さんに満足していただけるようにしています。

また、小児外科疾患の大きなウエイトを占める先天性疾患では、手術後の経過観察は成人に達しても一般外科や内科では診療経験がないことがあり、また管理の特殊なものも存在するために引き続き当科で診療しています。

当科では以前より新生児外科、小児外科診療全般にわたり積極的に治療していますが、中でも肝胆道疾患、直腸肛門奇形、停留精巣、臍ヘルニア、包茎に力を入れています。

医師紹介

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
小児外科医長 吉田 茂彦 昭和60年 小児外科一般 小児外科専門医、日本外科学会専門医

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.