仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 外科

外科

概要

外科では、10名の医師と3名の専修医の体制で、乳腺、甲状腺などの悪性腫瘍を中心とした外科治療を行っております。早期の胃、大腸癌に対しては腹腔鏡下手術を行うなど身体にやさしい手術を心懸けております。

また、一方で手術難易度の高い、高度に進行した食道癌・胃癌・直腸癌や肝癌・肝門部胆管癌・膵癌・胆嚢癌などの症例に対しては、根治性と安全性を両立させる手術を積極的に実施しています。

さらに、膵癌や肝癌、胆嚢癌などの難治性の癌に対しては腫瘍内科と共同で効果的な治療を目指しています。また、セカンドオピニオンも行っています。

良性疾患では胆石症、ソケイヘルニア、急性膵炎や慢性膵炎、十二指腸潰瘍穿孔などによる腹膜炎や急性虫垂炎の外科治療も行っています。

さらに、当院の救命救急センターでは、急性の外科的重症疾患や多発外傷などの高次救急医療にも取り組んでいます。

また、手術を受けられる患者さんに対しては、インフォームドコンセントの充実に努め、クリティカルパスを適用して、入院から退院までの術前術後経過について図を用いてわかりやすく説明し、医療の標準化と安全性の向上に努めております。

当科では特に癌の外科治療に重点をおいています。上部消化管の癌のうち、食道癌は上縦隔の徹底としたリンパ節郭清を標準術式とし、QOLを重視した後縦隔経路の再建、3領域郭清を行っています。胃癌は胃癌学会の治療ガイドラインに従って標準手術の治療を行っています。早期癌では先進医療である腹腔鏡下手術も行っています。EBMに基づいた胃癌における最良な治療法を確立するためにJCOG(Japan Clinical Oncology Group)の班員として臨床試験に参加し、術前化学療法を組み込んだ治療や脾臓温存の適応などの手術術式の検討を臨床研究として行っています。

下部消化管の癌では、高度の進行癌を除いた結腸癌や早期の直腸癌では主に腹腔鏡下手術が優先的に行われ、術後のQOLに貢献しています。下部直腸癌では排尿・排便機能をコントロールする自律神経ならびに肛門温存手術を基本とし、進行癌では側方郭清も標準術式として行っています。

肝・胆道・膵癌に対する手術は侵襲度が高く、安全性と根治性を追求する高度の専門的技術が必要です。当院外科は日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度における「認定修練施設」の認定を受けています。

また、種々の慢性肝疾患に伴う脾機能亢進症、難治性腹水に対しても手術を行っています。死亡率の高い重症急性膵炎も消化器科、救急部門と協力し患者を受け入れ、集中治療を行っています。

診療実績

食道癌切除例は、県内では大学病院に次いで手術件数が多く、術前術後に腫瘍内科との連携で症例により放射線化学療法を施行しています。胃癌の症例も多く、特に早期胃癌では内視鏡補助下の胃切除術を行っています。大腸癌では直腸癌症例が増加していますが、そのうち大半が肛門括約筋温存手術例です。また高度進行癌以外の大腸癌では内視鏡補助下の手術を行っています。

肝癌や胆道・膵癌の手術も増加傾向にあります。特に高度進行例の紹介が増加しています。肝門部胆管癌の根治手術が可能な施設は全国でも限られていますが、肝切除や血行再建を含む根治手術が行える専門施設として認知され良好な成績をおさめています。膵癌は予後不良の癌ですが、拡大リンパ節廓清や門脈合併切除、神経叢切除を含む拡大膵頭十二指腸切除やAppleby変法手術を積極的に取り入れ、可能な限り治癒切除になるように努めています。胆道癌・膵癌は手術の困難さに加え、生命予後も不良な癌であり集学的治療が必要ですが、当院では、腫瘍内科・放射線科との連携で切除不能癌や再発癌の化学療法や放射線治療も実施しています。

医師紹介

職名 氏名 卒業年度 専門分野 専門医資格等
統括診療部長
総合外科部長
地域医療連携部長
医師業務支援室長
齋藤 俊博 昭和52年 消化器外科
(食道・胃・大腸)、
一般外科
日本外科学会専門医、指導医、日本消化器外科学会指導医
臨床研究部長
総合外科部長
医療安全管理室長
治験管理室長
武田 和憲 昭和53年 消化器外科
(肝・胆・膵)、
一般外科
日本外科学会専門医、指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
総合品質管理推進部長
外科医長
手島 伸 平成元年 消化器外科
(食道・胃)、
内視鏡外科、
一般外科
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本がん治療認定医、暫定教育医、食道外科専門医
外科医長 島村 弘宗 平成2年 消化器外科
(肝・胆・膵)、
一般外科
日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
外科医長 兒玉 英謙 平成6年 消化器外科 日本外科学会専門医
医師 原田 昭彦 平成9年 消化器外科、
一般外科
日本外科学会専門医
医師 大塩 博 平成9年 消化器外科(肝、大腸)、内視鏡外科、一般外科 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会指導医、専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医、麻酔標榜医
医師 遠藤 文庫 平成14年 消化器外科、
一般外科
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医
医師 湯目 玄 平成15年 消化器外科、
一般外科
日本外科学会専門医、日本がん治療認定医
医師 大島 有希子 平成18年 消化器外科、
一般外科
日本外科学会専門医
医師 佃 和彦 平成23年 一般外科  
医師 千葉 和治 平成24年 一般外科  
医師 八嶋 嘉之      
医師 齋藤 雄佑      

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.