仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

概要

呼吸器外科は、呼吸器内科との緊密な連携の下に、肺の外科的疾患の診療を専門的に行っています。

肺癌の手術は年間約100例におよび、自然気胸、縦隔腫瘍、胸膜疾患、診断困難例の肺生検など、あわせて年間約150例以上の手術を行っています。

手術は内視鏡手術から拡大手術まで、必要性に応じて対応致しており、安全で質の高い治療をめざしております。

手術のみならず、肺癌疑い例等の診断やコンサルテーション、セカンドオピニオンも積極的に受け入れております。

日本呼吸器内視鏡学会の専門医・指導医もそろっており、外来での精査、気胸の管理、診断困難例等も適宜ご相談下さい。

特徴

"発見から緩和"まで一貫した肺癌の診療にあたる

肺癌の診療は外科治療のみならず、発見(集団検診読影)、診断(気管支鏡検査)、術後補助療法(抗癌剤・放射線治療)、再発治療、さらには緩和医療に至るまで、全ステージにおいて診療にあたっています。

肺癌の早期発見、早期診断を使命とする

肺癌は早期発見(診断)後の完全切除においてのみ根治が期待できます。したがって宮城県の集団検診に通年協力し、早期発見に力を注いでいます。特にCT検診、喀痰検診陽性の早期肺癌例の精査・治療を積極的に行っています。

低侵襲でQOLを重視した治療を重視している

胸腔鏡下手術、気管支鏡下手術に重点を置くとともに、気道狭窄のQOL改善のためには、ステントなどの最新のインターベンション治療も迅速に行える体制にあります。

24時間受け入れ可能な体制

救急患者は勿論ですが、気胸、胸部外傷、気道熱傷など、24時間受け入れ可能な体制で迅速な治療を行っています。

患者や紹介医との情報の共有を尊重しています。

診療にあたっては、インフォームドコンセントあるいはインフォームドチョイスにより患者本人の意志を最大限に尊重し、妥当性あるいは根拠のある診療を進めることを原則としています。そのためセカンドオピニオンを求めて受診する患者も少なくありません。

医師紹介

職名 氏名 卒業年 専門分野 専門医資格等
呼吸器外科医長 羽隅 透 平成2年 呼吸器外科的疾患全般 日本呼吸器外科学会専門医・評議員、日本胸部外科学会指導医、日本外科学会専門医・指導医、気管支鏡専門医・指導医、がん治療認定医機構認定医
医師 鎌田 悟史 平成20年    
医師 佐藤 卓 平成21年   日本外科学会専門医
日本がん治療認定医
機構認定医
非常勤医師 斎藤 泰紀 昭和50年  呼吸器外科的疾患全般  呼吸器外科専門医・指導医、日本胸部外科学会指導医、日本外科学会専門医・指導医、気管支鏡専門医・指導医、がん治療認定医機構暫定教育医、臨床腫瘍学会暫定指導医、呼吸器学会指導医・専門医機構暫定教育医、臨床腫瘍学会暫定指導医

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.