わいらす 国立病院機構仙台医療センター ウイルスセンターホームページ

ウイルスセンタートップ >> みちのくウイルス塾トップ >> 第14回みちのくウイルス塾 >> 第14回みちのくウイルス塾の様子

医療関係者の方々へ ウイルス分離・抗体検査依頼について ウイルス分離および抗原検出情報 地域レベルのパンデミック・プランニング 夏の学校 みちのくウイルス塾
    バリフード® バリフロー®  

目次

『第14回 みちのくウイルス塾』 終了御礼

2015年7月18、19日の2日間にわたって行なわれました今年の夏の学校『みちのくウイルス塾』も、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。延べ133名もの参加があり、講義の後、会場からの活発な質問に先生方が丁寧に答えるという、いつもながらの熱気に満ちた会になりました。

今回は試みとして、毎年恒例のおさらいクイズや、学生さんたちの活発な質問を呼び起こす目的で一昨年から加わった「ベストクエスチョン賞」も初日と2日目に分けて行い、また後者の審査には東北でご活躍の二人の大学の先生方にお願いしました。

この会の成功は、ひとえにみなさま方の暖かいご支援の賜物です。ご協力いただいた方々に、この場を借りて感謝申し上げます。皆様、来年もふるってご参加ください。

なお、会のようすや講義内容を聴講者がわかりやすく解説した聴講録、講義に使用したスライド等も掲載しておりますので、こちらの方もよろしくお願いいたします。

仙台医療センター   西村秀一

第14回みちのくウイルス塾 おさらいクイズ

第1日目

第14回みちのくウイルス塾 おさらいクイズ 1日目

第1位 秋田大学医学部 福島 大喜さん
第1位
秋田大学医学部 福島 大喜さん
第1位 福島県立医大 生田 和史さん
第1位
福島県立医大 生田 和史さん
第2位 福島県県北保健所 門馬直太さん
第2位
福島県県北保健所 門馬直太さん
第3位 東北大学大学院理学研究科 中村 大地さん
第3位
東北大学大学院理学研究科 中村 大地さん
第3位 東北大学大学院理学研究科 中村 大地さん
第3位
山形大学医学部 松野 秀太朗さん
第3位 福島県衛生研究所 金成 篤子さん
第3位
福島県衛生研究所 金成 篤子さん

第2日目

第14回みちのくウイルス塾 おさらいクイズ 2日目


第1位 左から
秋田大学医学部  高尾浩之さん
岩手大学農学部  宮本翔さん
福島県衛生研究所 北川和寛さん

第二位 左から  
山形大学医学部 玉井夢果さん
仙台医療センター検査科 佐藤哲哉さん
福島県県北保健所 須田千咲さん

 

 

第14回みちのくウイルス塾 ベストクエスチョン賞

第1日目

選考委員長

岩手医科大学微生物学講座教授 村木 靖 先生岩手医科大学微生物学講座教授 村木 靖 先生

選考理由

BQA(Best Question Award)の受賞者は、学部学生または大学院生を対象としました。「ウイルス塾」の名にちなみ、ウイルスの病原性(発症機構)に関連する質問の中から、最も基礎的でありながら重要なものを選びました。

「血管透過性の亢進」 がデングウイルスの基本的な病態であるという講義内容を受け、「ウイルスが血管内皮細胞に感染するのか?またはサイトカインの異常な分泌のような機序を考えるべきか?」という質問をした山形大学の岡本君の質問は、ウイルスの病原性の本質に迫る良い質問でした。

受賞者

山形大学医学部医学科3年	岡本 大輝 (おかもと?ひろき)君山形大学医学部医学科3年 岡本 大輝 (おかもと ひろき)君

質問

岡本さんの質問非常にわかりやすい講演ありがとうございました、山形大学の岡本と申します。

質問をさせていただきたいのですが、はじめの方のスライドで、デング出血熱では血管透過性が亢進すると書いてあったのですが、これはウイルスが血管内皮に直接感染することで血管透過性を亢進させるのでしょうか?それともサイトカインを介して血管透過性を亢進させるのでしょうか?

高崎先生の回答

血管透過性が亢進するのはサイトカインとかケモカインによるものです。

質問

岡本さんの質問では、サイトカインやケモカインを阻害する薬剤を用いれば血管内皮の透過性亢進を抑制させることができるのでしょうか?

高崎先生の回答

高崎先生の回答そうですね、そういう薬を開発すればできるようになるでしょうね。

第2日目

選考委員長

山形大学医学部感染症学講座教授 本郷 誠治 先生山形大学医学部感染症学講座教授 本郷 誠治 先生

選考理由

秋田大学医学部の丸藤雅大君の「Multiple sclerosisのマウスモデルでタイラーウイルスに感染したマウスの脱髄の機序に関して、ウイルス感染したための直接的な細胞変性効果なのかそれとも免疫学的な影響によるのか、もし免疫学的な機序ならば髄鞘とウイルスの抗原性が似ているのか?」という質問は、ウイルス学的、免疫学的な理解の上になされたすばらしい質問であった。

(大原先生のご講演は、当初のご予定では野兎病の歴史と今日的意義の話で、ご自分の関わってきたタイラーウイルスの研究は、今回はパスするはずであったが、野兎病の話がひと段落ついたあとの時間で、おまけとしてタイラーウイルスの研究もお話してくださったのだった。大原先生の講演に対する質問としては、みなの意表をついた感じではあったが、それでもしっかりした質問で、多くの人が驚いたのでした。 西村)

受賞者

秋田大学医学部4年 丸藤雅大 (がんどう まさひろ)君秋田大学医学部4年 丸藤雅大 (がんどう まさひろ)君

質問

丸藤さんの質問マウスにタイラー脳脊髄炎ウイルスを感染させることによって、髄鞘が破壊され多発性硬化症のモデルマウスが作成されるとのことでしたが、この反応はウイルスがオリゴデンドログリアに感染して髄鞘を破壊するために起こるのか、それともウイルスに対する免疫応答の結果生じるものなのでしょうか。また、ウイルスとオリゴデンドログリアの抗原性が類似しているため髄鞘が破壊されるということも考えられるのでしょうか?

大原先生の回答

大原先生の回答現在はウイルス感染によって惹起されたT細胞性の免疫応答によって髄鞘が破壊されるとする説が、主流である。また、ご質問のようにタイラーウイルスと髄鞘のオリゴデンドログリアの抗原性が類似しているため反応が起こると考える研究者もいる。

 

第14回みちのくウイルス塾の様子

第1日目

第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子

意見交換会

第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子

第2日目

第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子 第14回みちのくウイルス塾の様子

 

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目8-8
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター内
直通電話:022-293-1173  ファックス:022-293-1173   電子メール:vrs.center@snh.go.jp