わいらす 国立病院機構仙台医療センター ウイルスセンターホームページ

仙台医療センタートップページ >> ウイルスセンタートップページ >> 地域レベルのパンデミック・プランニング

医療関係者の方々へ ウイルス分離・抗体検査依頼について ウイルス分離および抗原検出情報 地域レベルのパンデミック・プランニング 夏の学校 みちのくウイルス塾
    バリフード® バリフロー®  

おしらせ

日本医事新報

日本医事新報 No.4450(2009年8月8日)に、西村秀一ウイルスセンター長のインタビュー【アクセルを踏んだ人間はブレーキも踏む義務がある】が掲載されました。

週刊 医学会新聞

2009年1月5日発行の『週刊 医学会新聞』に、西村秀一ウイルスセンター長のインタビュー 【新型インフルエンザ発生前のプレパンデミックワクチン接種は妥当か 1976年の豚型インフルエンザ騒動に学ぶ】が掲載されました。

日経メディカル オンライン

『特集 パンデミックに挑む』

西村秀一ウイルスセンター長の記事が掲載されています。

『特集 インフルエンザ2007/2008』

西村秀一ウイルスセンター長のインタビュー記事が掲載されています。

マニュアル対訳

地域レベルのパンデミック・プランニング

パンデミックとは、感染症の世界的大流行のことです。ここの項目ではとくに新型のインフルエンザのパンデミックのことを意識しています。

世界のどこかで私たちにとってそれまでとはまったく違う新しいインフルエンザが出現したとします。すると、それがまもなくパンデミックとなって私たちが住む地域を襲ってくるのは避けられないことです。すると地域ではほとんどの住民がそれにかかり、大勢の患者、重症患者、そして死者が出ます。そう言い切って良いでしょう。

そのことは、歴史が証明しています。そのときに被害をできるだけ少なくするためには、そのときに備えて、実際の流行の現場となる「地域」が事前に何らかの準備をして、それがやってきた時にその準備にしたがってパンデミックと向かい合ってたたかう必要があります。その事前の準備が、「地域のパンデミック・プランニング」なのです。

 

そういったことを長年提唱してきたグループが、宮城県にはあります。それが宮城パンデミック・インフルエンザ研究会です。

現在は事務局を、宮城県健康福祉部健康対策課にお願いして活動を続けていますが、その活動の一環として、地域のパンデミック・プランニングに役立ちそうな海外の資料を日本語に訳して、必要とするところに配るという活動があります。

ここに掲載した 3 篇の文献は、そうやってつくったものです。みなさま方のお役にたてれば、会員一同、この上ない喜びです。すべてオリジナルの著者には了解をいただいておりますので、どうぞ、ご自由にダウンロードしていただき、ご活用下さい。

 

なお、研究会には専用のホームページがないために便宜的に、会の代表が所属する仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンターの当サイトに掲載しております。

今後は、随時、会の活動成果の掲載を増やしていこうと考えておりますので、ご興味のある方は、適宜当サイトを訪れてみることをお勧めいたします。

 

2005 年 10 月 25 日  宮城パンデミック・インフルエンザ研究会

代表・文責  西村秀一

論説集

2010年

第3号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り

インフルエンザ患者を収容する部屋の工夫

●HTML   ●PDF

第2号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り

戦術と戦略 医療従事者の安全と安心のための新しい工夫

●HTML   ●PDF

第1号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り

INTERMESSO 今後の注目点について

●HTML   ●PDF

2009年

第4号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り

ブタインフルエンザの流行勃発と発熱外来の課題(その2)

●HTML   ●PDF

第3号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り

ブタインフルエンザの流行勃発と発熱外来の課題(その1)

●HTML   ●PDF

第2号 地域のパンデミックプランニング 大都市を考える (その1)

大都市の特性に合わせたプランと母船方式・地域割りのアイデア

●HTML   ●PDF

第1号 地域のパンデミックプランニング 【時事通信社iJAMP「オピニオン」2008.12/22掲載】

自治体の新型インフルエンザ対策、仕切り直しを

●HTML   ●PDF

2008年

第5号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り 戦術 その3

発熱外来(fever clinic)について

●HTML   ●PDF

第4号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り 戦術 その2

理屈にこだわる現場の対応……具体的リスク評価と防護具(PPE)の選択:「メリハリ」について

●HTML   ●PDF

第3号 地域のパンデミックプランニング 地域医療の現場の守り 戦術 その1

「脅し過ぎ」vs「蛮勇の押付け」を憂う:新型インフルエンザから逃げてはいけない。でも基本は、「やっぱり怖い」のだ。

●HTML   ●PDF

第2号 地域のパンデミックプランニング 小〜中規模市町の守り(その4)

小〜中規模市町村における医療の戦術―パンデミック医療の地域ネットワークの試案紹介

●HTML   ●PDF

第1号 地域のパンデミックプランニング 小〜中規模市町の守り(その3)

医療を疲弊させないための戦略―医療以外の面での工夫

●HTML   ●PDF

2007年

第4号 地域のパンデミックプランニング 小〜中規模市町の守り(その2)

迷走:地域の医療現場の悩み

●HTML   ●PDF

第3号 地域のパンデミックプランニング 小〜中規模市町の守り(その1)

戦略(ストラテジー)について

●HTML   ●PDF

第2号 平成19年1月31日版「新型インフルエンザに関するガイドライン(フェーズ4以降)(案)」について

●HTML   ●PDF

第1号 地域のパンデミックプランニング 地域の守り(その1)田舎を守るということ−3

僻地型パンデミックプランの作戦私案−中村医師の手紙−

●HTML   ●PDF

2006年

第4号 地域のパンデミックプランニング 新型インフルエンザ・パンデミック対策をめぐる諸問題

●HTML   ●PDF

第3号 地域のパンデミックプランニング 地域の守り(その1)田舎を守るということ−2

僻地型パンデミックプランのモデルケースづくり−岩手県洋野町大野地区

●HTML   ●PDF

第2号 地域のパンデミックプランニング 地域の守り(その1)田舎を守るということ−1

田舎を守る意義

●HTML   ●PDF

第1号 自治体レベルのプランニング 都道府県の新型インフルエンザ対策『行動計画』を概観する

●HTML   ●PDF

2005年

第1号 地方が大規模感染症災害に立ち向かうための仮想条例

●HTML   ●PDF

2004年

第2号 来るべきパンデミックの被害予測 -CDCの被害予測ツールFluAidとFluSurgeの紹介 特徴と限界-

●HTML   ●PDF

第1号 インフルエンザ屋から見たSARSのコントロール -台湾とフィリピンを見て考えたこと-

●HTML   ●PDF

2003年

第1号 新型肺炎SARS台湾視察報告 トップダウンで感染防止を果たした台湾に学べ!

●HTML   ●PDF

著作権、リンク等について

ここに掲載した文献の著作権は、それぞれの著者・発行団体に帰属します。

訳文に関しては宮城パンデミック・インフルエンザ研究会にその著作権があります。

当サイトに掲載されている著作物の無断複製利用、無断転載、改変を禁じます。

また、当サイト内コンテンツの引用、リンク等に関しては、あらかじめメールでご連絡ください

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目8-8
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター内
直通電話:022-293-1173  ファックス:022-293-1173   電子メール:vrs.center@snh.go.jp