わいらす 国立病院機構仙台医療センター ウイルスセンターホームページ

ウイルスセンター トップ >> 地域レベルのパンデミック・プランニング >> 地域のパンデミックプランニング

医療関係者の方々へ ウイルス分離・抗体検査依頼について ウイルス分離および抗原検出情報 地域レベルのパンデミック・プランニング 夏の学校 みちのくウイルス塾
    バリフード® バリフロー®  

最終更新日 2008年2月25日

おしらせ

【日経メディカル オンライン】の『特集インフルエンザ2007/2008』に、西村秀一ウイルスセンター長 のお話が掲載されています。

地域のパンデミックプランニング

2003年 第1号

新型肺炎SARS台湾視察報告
トップダウンで感染防止を果たした台湾に学べ!

2004年 第1号

インフルエンザ屋から見たSARSのコントロール
―台湾とフィリピンを見て考えたこと―

2004年 第2号

来るべきパンデミックの被害予測
−CDCの被害予測ツールFluAidとFluSurgeの紹介 特徴と限界−

2005年 第1号

地方が大規模感染症災害に立ち向かうための仮想条例

2006年 第1号

自治体レベルのプランニング
都道府県の新型インフルエンザ対策『行動計画』を概観する

2006年 第2号

地域のパンデミックプランニング 
地域の守り(その1)  田舎を守るということ−1

田舎を守る意義

2006年 第3号

地域のパンデミックプランニング
地域の守り(その1)  田舎を守るということ−2

僻地型パンデミックプランのモデルケースづくり−岩手県洋野町大野地区

2006年 第4号

地域のパンデミックプランニング
新型インフルエンザ・パンデミック対策をめぐる諸問題

2007年 第1号

地域のパンデミックプランニング
地域の守り(その1)  田舎を守るということ−3

僻地型パンデミックプランの作戦私案−中村医師の手紙−

2007年 第2号

平成19年1月31日版「新型インフルエンザに関するガイドライン
(フェーズ4以降)(案)」について

2007年 第3号

地域のパンデミックプランニング小〜中規模市町の守り (その1)
戦略(ストラテジー)について

2007年 第4号

地域のパンデミック・プランニング小〜中規模の市や町の守り(その2)
迷走:地域の医療現場の悩み

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目8-8
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター内
直通電話:022-293-1173  ファックス:022-293-1173   電子メール:vrs.center@snh.go.jp