仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 緩和ケア

緩和ケアチーム

概要

当院では、2005年10月に緩和ケアチームを結成し、入院中の患者さんとそのご家族を対象として活動を開始しました。

緩和ケアとは、がんなどの悪性腫瘍または、後天性免疫不全症候群の患者さんの痛み・吐き気・息苦しさなどの身体的症状を和らげたり、不安や抑うつなどの精神的な症状を和らげたりする治療や援助のことです。

緩和ケアチームのメンバーは、身体症状の緩和を担当する医師、精神症状の緩和を担当する医師、緩和ケアを専門とする看護師、薬物療法を専門とする薬剤師、相談内容により、栄養士、カウンセラーなどその他の職種の専門家が参加します。

2009年9月には緩和ケア外来を開始し、2012年1月から緩和ケア外来を「緩和ケア内科外来」と名称を変え、外来通院中の患者さんとそのご家族の緩和ケアの充実に取り組んでいます。

患者さんをとそのご家族の辛さを緩和し、その人らしい生活が送れるよう、診断された時から最期まで支援しています。

「当院は、2009年4月1日に日本緩和医療学会認定研修施設に認定されました」

医師・スタッフ紹介

氏名 職名
高橋 通規 緩和ケア内科医長(日本緩和医療学会暫定指導医)
鈴木 貴夫 腫瘍内科医長
岡崎 伸郎 精神科部長
菊池 孝 精神科医長
秋山 聖子 腫瘍内科医師
千葉 洋子 外来看護師長(地域医療連携室)
阿部 直美 外来副看護師長
高橋 紀子 がん性疼痛看護認定看護師
長谷 のり子 がん化学療法看護認定看護師
高橋 寛名 緩和ケア認定看護師
辰巳 侑那 薬剤師
和久井 卓 薬剤師
玉木 祐介 歯科医師
伊藤 裕美 栄養管理室長
小山 優 理学療法士
小端 晶子 管理栄養士

緩和ケアとは

緩和ケアとは

がん患者さんとご家族の方は、がんといわれた時、治療を受けるとき、検査をしているときなど、こころの痛みや体の辛さを経験していると思います。いろいろな辛さを経験しながら、家族のこと、友人のこと、仕事のことなどを考え生活をしていくことは、とても大変なことだと思います。 少しでも、こころとからだの辛さを少なくして、生活を楽しく・長く過ごしていきたいですね。


「緩和」を辞書で引くと、「きびしい状態をやわらげたりゆるめたりすること。また、やわらぐこと。」(大辞林第二版 三省堂)とかかれています。つまり、緩和ケアとは、症状をやわらげたり、楽になるように支援することです。

病気を治療している最中でも、辛い症状を我慢する必要はないのです。辛い症状を我慢していると、気持ちが滅入り、楽しいと思う時間が少なくなり、こころやからだが辛くなって、治療が中断してしまうことがあるかもしれません。

緩和ケアとは

緩和ケアは、病気にかかり、辛い症状が出現したときに、それらの症状をやわらげ、患者さんと家族ができるだけ、その人らしい生活を送ることができるようにすることを目的としています。

治療の最中でも、治療が終わった後でも、辛い症状を和らげることで、自分の生活や、大切な人との時間を有意義なものへとつなげられると考えられます。

緩和ケアは、現在、がんの患者さんとHIVの患者さんを対象に行われています。


緩和ケアチームとは

緩和ケアチームとは、辛い症状を楽にするための専門のチームです。

主治医の先生は、病気の治療を行い、緩和ケアチームは主治医と協力しながら病気に伴うつらい症状の治療を行います。患者さんの応援団が増えたと考えてください。

緩和ケアチームとは

緩和ケアチームは、身体的苦痛担当医師・精神的苦痛担当医師・がん性疼痛看護認定看護師・がん化学療法看護認定看護師・地域医療連携室看護師・がん薬物療法認定薬剤師・理学作業療法士・管理栄養士・医療相談員・臨床心理士など、多職種のメンバーで構成されています。


図1 当院の緩和ケアチームの構成
図1 当院の緩和ケアチームの構成

専門分野のチーム員が、患者さんと家族の方、主治医・病棟スタッフと一緒によりよい生活を過ごす方法を考えていきます。

緩和ケアの提供

緩和ケアチームの関わりは、身体的苦痛の緩和・精神的苦痛の緩和・社会的苦痛の緩和の3つに分けられます。

身体的苦痛

身体的苦痛
図2 WHO除痛ラダー

身体的苦痛としては、痛み、体のだるさ、吐き気、むくみ、呼吸の苦しさなどがあります。

痛みに対する治療は、世界保健機構(WHO)が世界的に勧めている、除痛ラダーに沿って行います。


軽度の痛みに対しては非ステロイド性消炎鎮痛薬を使用します。

中等度の痛みには非ステロイド性消炎鎮痛薬と弱オピオイド(医療用麻薬)を併用します。

中等度以上の痛みには、弱オピオイド(医療用麻薬)から強オピオイド(医療用麻薬)へ変更していきます(詳しくは、がんの痛みと治療を参照してください)。

また、神経の痛みや骨転移の痛みに対しては、鎮痛補助薬を使用します。鎮痛補助薬とは、抗痙攣薬や抗うつ薬、ステロイドなどがあります。これらは、神経の伝達物質に働きかけ痛みの伝達を遮断したり、炎症をおさえるなどの作用で鎮痛効果を発揮します。

  • 医療用麻薬(オピオイド)は、全世界で使用され、使用方法も確立されているものです。
  • 医師の指示の下、使用方法を守ることで、安全に使用できます。

図1 当院の緩和ケアチームの構成

がんの痛みを取り除くために使用する場合は中毒になりません

オピオイドが医療用として適正に使用される場合、精神的な依存性 (薬物を探し求めて使用し続けてしまうような状態)はほとんどみられません。いつでも中止や減量が可能です。

オピオイドを使用することで寿命を縮めることはありません

使いやすいオピオイドがまだなかった頃、死の直前になってようやくオピオイドが使用されたために生じた誤解と考えられます。

現在ではがん治療の早期からオピオイドが使用されるケースが増加しています。

痛みを上手にコントロールすれば、がんの治療を成功させ、社会復帰を果たすことも可能です。より良く生活するために必須な薬剤なのです。

オピオイドが効かなくなることはありません

オピオイドが効かなくなることはありません

がんの痛みの場合、徐々に痛みが強くなる傾向があり、現在使っているオピオイドの量では不足することがあります。これは、薬が効かなくなったのではなく、薬の量を増やす必要があるということです。

オピオイドは痛みの強さに合わせて増やすことが可能ですので、主治医にご相談ください。


痛み以外の身体症状

吐気

吐き気が出現する原因の一つに化学療法があります。最近では、吐き気などの副作用を予防する薬剤が進歩しています。吐き気が出現する時期や症状の程度に合わせて、制吐剤の調整をしていきます。また、病気により、腸の通過が悪くなった場合に吐き気・嘔吐することがあります。腸の通過を良くする治療や消化液が少なくなる薬剤を使用していきます。

だるさ

体を動かすことが少なくなると、筋肉が硬くなり、だるさや痛みが出現することがあります。また、病状が進行し、体力が低下することで、体のだるさを感じることがあります。適度な運動や、お薬の調整など行っていきます。

呼吸の苦しさ

安静にしているときや、トイレに動いただけでも息苦しさを感じることがあります。呼吸の苦しさは、さまざまな要因があります。それぞれの要因に合わせた治療や不安の軽減など行い、コントロールしていきます。

口が渇く

話をしたり、食事をとったりすることで、唾液が分泌され口腔内の環境をよくしてくれます。しかし、体調がすぐれず食事が少なくなることや、お薬の副作用などでお口が乾く、という症状が出現することがあります。そんな時には、キシリトール入りのガムを噛む・パイナップルを食べる・レモンなど唾液を促すような飴をなめるなどの対策があります。また、唾液線のマッサージや舌を動かす運動をとりいれ、唾液線を刺激し、唾液の分泌を促していきます。

痛み以外の身体症状

精神的苦痛

がんと診断された時から、少なからず不安を抱く人は多いと思います。

なかなか先の見通しがつかないことで、どうすればいいか分からなくなったり、治療がいつまで続くのか考えると眠れなくなったりすることもあるようです。誰かに不安な気持ちを話すことで、少し気持ちの整理をつけられるかもしれません。お薬を使用し、夜間ぐっすり眠れるようになることで、気持ちも体も楽になるかもしれません。

また、怖い夢を続けてみることや、起きていても夢の続きが見えたり、虫が見えたりすることがあります。これは、せん妄という症状で、腎機能や肝機能が低下したり、脱水や体が動けなくなったストレス、薬剤の副作用など、いろいろな要因で出現する可能性があります。思ってもいないことを言ったり行動したりすることは、本来の自分ではないため、本人もご家族もとても辛い体験だと思います。せん妄は体が原因で一時的に起こる精神症状です。この症状は、治療をすることで改善できます。

おひとりで悩まずに、ご相談ください。一緒によい方法を考えていきましょう。

気持ちを楽に過ごすことは、こころにもからだにも大変やさしいことです。

社会的苦痛

社会的苦痛とは、経済的な問題や仕事・家族のことで困難を感じていることなどをいいます。経済的な問題に対しては、医療保険・介護保険などに詳しい、医療相談員(MSW)が対応します。(地域連携室参照

「家に帰りたいけど、帰れない」と話す患者さんやご家族の方がいらっしゃいます。退院の際に、ひとり暮らしの方や、介護する人がなかなかいない場合には、地域のサポートについて地域医療連携室の係りの者が調整していきます。最近では、在宅医・訪問看護師・薬剤師・理学療法士・ヘルパーなど在宅支援メンバーが多くなり、自宅で往診・薬剤指導・リハビリ・入浴など行えるようになってきました。自宅で過ごすために必要なものを調整していきますので、ご相談ください。

病気になったとしても、自分の生活は続いていきます。

悩みを抱え込まずに、ぜひご相談ください。

自分の思い描く生活を送れるように、何を調整していけばよいのか、あなたやあなたの大切な人の思いを大切に考えて、支援していきます。

緩和ケアチームへの相談内容

病気になって生じた辛い症状、悩み、困ったこと等どのような内容でもご相談に応じます。

例えば、

  • これからの生活が心配な時
  • 痛みやその他の症状が辛い時
  • 気分が落ち込んだり、不安な気持ちで落ち着かない時
  • 誰かに話を聞いてほしい時
  • 薬について分からないことがある時
  • 医療スタッフとの対話が不足していると感じる時
  • 誰に相談してよいか分からない時

担当医または看護師にご相談ください。

緩和ケアチームへの相談方法

当院入院中の方の緩和ケア相談

緩和ケアチームが訪問しサポートします
  1. 主治医、病棟看護師に緩和ケアチームに相談したいことをご希望ください。
  2. 主治医、病棟看護師より緩和ケアチームにサポート依頼されます。
  3. サポート依頼後、緩和ケアチームが訪問し診察の上、主治医と病棟看護師と対応について相談していきます。

当院外来通院中の方の緩和ケア相談

緩和ケア内科外来でサポートします
  1. 主治医に、緩和ケア内科外来を受診したいことをご希望ください。
  2. 主治医より、緩和ケア内科医、緩和ケアチーム専従看護師に受診依頼の連絡が入り外来受診の予約をお取りします。
  3. 受診日に、緩和ケア内科医が診察の上(必要に応じチームスタッフが同席)、主治医と対応について相談していきます。

他院で治療中の方で、当院での緩和ケアの相談

緩和ケア内科外来でサポートします
  1. 主治医に、当院の緩和ケア内科外来を受診したいことをご希望ください。
  2. 主治医からの紹介状を準備の上、当院地域連携室内がん相談支援センターまでご連絡ください。その場で外来受診の予約をお取りします。詳細は次項「緩和ケア内科外来について」をご参照ください。

緩和ケア内科外来について

緩和ケア外来は、2009年9月から開始し、2012年1月から「緩和ケア内科外来」と名称が変更になりました。

診療時間

  • 毎週火曜日 13:30〜16:00(祝日を除く)
  • 担当医 緩和ケア内科医長 高橋 通規

完全予約制です。予約以外の方の診察はできませんので、ご了承ください。

受付窓口

国立病院機構 仙台医療センター 地域医療連携室内 がん相談支援センター

電話 ダイヤルイン 022-293-0703  Fax 022-293-0709

がんの痛み教室のご案内

当院で、入院・通院治療中の患者さんとそのご家族を対象に、緩和ケアチームによるがんの痛み教室を始めました。

  • 日時 奇数月第4水曜日 11:00〜12:00
  • 場所 正面玄関ローソン上階(2F) 健康・情報コーナー
  • 内容 ◎緩和ケアチームの医師、看護師、薬剤師によるレクチャー ◎質問コーナー
  • 参加費 無料
  • 参加申込 不要

痛みのないよりよい生活を送っていただくために、がんの痛みについて、痛みの治療について、使用する薬剤について等みなさんの質問に答えながらお教えします。是非、ご参加ください。

緩和ケア勉強会のご案内

当院では、定期的に緩和ケアに関する勉強会を開催しております。

この勉強会は当院の職員のほか、医療関係者で緩和ケアに興味のある方であれば、どなたでも聴講できます。ぜひ、ご参加ください。

  • 日時 日程に関しましては院内掲示ポスター及びこのページをご欄ください。
  • 場所 仙台医療センター 会議室
  • 参加費 無料
  • 申込 申し込み不要

お問い合わせは、022-293-1111(内線7701)緩和ケアチーム 高橋 寛名

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

臨床研究に関する情報公開(倫理委員会)

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.