仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 臨床検査科> 血液検査室

血液検査室

血算・血液像

自動分析装置を用いて、炎症の指標などになる白血球数や貧血の有無を示す赤血球数・ヘモグロビン、止血の役割をする血小板数などを調べています。また、白血球の種類とその割合も知ることができます。

異常細胞が出現した可能性のある場合は、スライドガラスに血液を塗抹し、染色して顕微鏡で観察します。

sysmex XE-α
sysmex XE-α

血算・血液像


骨髄像

血液は骨髄(骨の中心部である髄腔)で作られています。

骨髄検査は、血液検査において何らかの異常(血球減少・増加)が見られた場合や固形腫瘍の骨髄浸潤の有無など、血液疾患の診断・治療効果の判定を目的とした検査で、骨髄穿刺で採取された骨髄血を塗抹標本作製し、種々の染色を用いて顕微鏡下で細胞形態学的に判別しています。当院では年間640件程度(H27年度実績)検査が行われます。

骨髄像

骨髄像


凝固・線溶

血液を凝固させる機能(止血)と、凝固した血液を溶かす機能(線溶)を調べる検査です。

CS-2100i
CS-2100i

血中薬物濃度

投与した薬が血液中で有効な濃度に保たれているかを調べる検査です。

Dimension
Dimension

血ガス

動脈や臍帯から採血をして、体内の生命維持に必要な酸・塩基や呼吸(ガス交換)の状態を調べる検査です。

ABL80
ABL80

赤沈

血液をガラス管に入れて垂直に静置し、赤血球の沈降する状態を観察します。炎症や異常蛋白の出現などで促進します。

フローサイトメトリー

血液細胞の表面にある種々の分子を調べることで、細胞の種類や成熟段階などを知ることができます。

当院ではリンパ球サブセット(CD3/CD19/CD4/CD8)と移植前検査としてCD34を測定しています。

FACS CantU
FACS CantU

フローサイトメトリー

フローサイトメトリー


ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.