仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 看護部 >病棟紹介

看護部

病棟紹介

七夕飾り

日頃忙しい中,どの職場も心をこめてみんなで作成した七夕飾りです。
今年の七夕飾りも、患者さんへの思い、みんなの頑張りが作品に伝わり、病棟の一角が七夕飾りの沿道を思わせるくらいの仕上がりです。

八木山動物園
ドクターヘリ
塔の上のラプンツェル

母子医療センター―――勤務体制:二交替・三交替

赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital=BFH)として、母乳育児成功のための10ヵ条を忠実に行っております。

またNICUを併設しており、産科・小児科と連携した看護を提供しています。

仙台医療センター 母子医療センター 病棟内を入ると「胎動」というディスプレイがあります。
これは、季節の変化に合わせて飾り付けをし、
妊産婦さんに好評です。

 

仙台医療センター 母子医療センター 年間で、約1000件の分娩があります。
LDRでは、産婦さんが女性の持つ「産む力」を発揮できるように支援しております。

 

小児病棟―――勤務体制:三交替

病室での学習場面
家族の絆を大切にし「安全で安心できるやさしい看護」を提供できるようにスタッフ一同取り組んでいます。

クリスマス季節に応じて職員・ボランティアによる行事があります。

 

東2階病棟―――勤務体制:三交替

整形外科と形成外科のベッド数50床です。

患者さんが入院生活を快適に過ごせることを目標とし1日も早く社会復帰できるようにスタッフ一同一丸となって取り組んでいます。

西2階病棟―――勤務体制:二交替

仙台医療センター 西2階病棟循環器内科を主とした病棟です。心疾患の検査や治療に対して急性期から退院まで安全・安心な医療・看護の提供を目指しています。

 

東3階病棟―――勤務体制:三交替

泌尿器科・神経内科の混合病棟です。

泌尿器科は手術・がんの抗がん剤治療・放射線治療、神経内科は脳梗塞や神経疾患の急性期から回復期の看護を行っています。患者さんが安心して治療が受けられるように看護を提供しています。


西3階病棟―――勤務体制:三交替

耳鼻咽喉科・頭頸部外科、眼科、皮膚科の感覚器疾患、及び内分泌代謝内科疾患の患者さんに看護を提供しています。また夜間の救急患者さんの受け入れを行っています。

私達は、常に患者さんの安全を第一に考え、安楽に入院生活が送れるように、円滑なコミュニケーションを図りチーム一丸となりサポートしています。また、手術等で不安や緊張を抱えている患者さんに少しでも癒しの空間が提供できるように病棟内の廊下や病室の装飾などに取り組んでいます。

仙台医療センター 西3階病棟

仙台医療センター 西3階病棟


東4階病棟―――勤務体制:二交替

外科病棟は、周手術期、化学療法・放射線療法の看護を提供しています。

年間約600件の手術が行われています。患者さんが治療を安全に受けられるよう、患者様の持てる力に働きかけ生活を整え早期に社会復帰できるよう支援しています。

仙台医療センター 東4階病棟 仙台医療センター 東4階病棟

「患者さん・ご家族が治療に主体的に参加できる」ことを目標に、合同カンファレンス(他職種、患者・家族参加)を計画実施しています。


西4階病棟―――勤務体制:二交替

仙台医療センター 西4階病棟婦人科、乳腺外科、消化器内科、腫瘍内科の混合病棟です。

周手術期の看護、化学療法の看護、慢性期の看護を実践しています。患者さんが安心して治療に専念し、少しでも苦痛や痛みが緩和できるよう、きめ細やかなケアを心掛けています。病棟内には症状緩和とリラックス効果を目的にアロマテラピーと心地よい音楽を流しています。


東5階病棟―――勤務体制:三交替

仙台医療センター 東5階病棟病床数48床(隔離室2床)を有する宮城県内でも希少な総合病院有床精神科病棟で精神疾患の急性期、手術を含めた合併症治療を要する精神疾患患者を受け入ています。

精神疾患は現代の社会情勢により疾患の多様、高齢化も進み、それに伴い合併症患者も年々増加し院内は基より地域からの役割の期待も高まっています。その為、関係職種との連携を円滑に行い、精神看護の専門性を高め総合病院の精神病棟としてあらゆる疾患に対応できるよう努力し看護実践しています。

西5階病棟―――勤務体制:三交替

仙台医療センター 西5階病棟血液内科48床、感染症内科1床、共用1床の50床の病棟です。平成26年には「骨髄バンク移植認定病院」として認定されました。非血縁者間、同種移植も積極的に行われています。患者さん、ご家族の思いを尊重した意思決定支援や「その人らしさ」を十分配慮したケアの提供を目指し看護実践を行っています。

 

仙台医療センター 西5階病棟 仙台医療センター 西5階病棟

東6階病棟―――勤務体制:二交替・三交替

呼吸器内科・呼吸器外科、歯科・口腔外科の病棟です。化学療法・放射線療法、手術を受けられる患者さんのケアを行っています。患者さんやご家族の多くの笑顔が見られるように!そして安心安全な看護の提供を目指し、スタッフ一同取り組んでいます。

西6階病棟―――勤務体制:二交替

消化器内科病棟では、急性期から慢性期の患者さんが入院されています。内視鏡的手術やカテーテル治療など、質の高い医療を提供できるよう看護師・医師が一丸となっています。また、質・業務改善のためQC活動にも積極的に取り組んでいます。今後も安全・安楽・安心して入院生活が送れるように「患者さん、ご家族の思いに寄り添った看護」を提供できるよう努力していきたいと思います。

仙台医療センター 西6階病棟


南5階病棟(脳卒中センター)―――勤務体制:三交替

仙台医療センター 南5階病棟脳卒中センターは脳卒中発症後の急性期の患者様の受け入れを行っております。リハビリスタッフやMSWの方々と情報交換しながら社会復帰を見据えて早期から積極的に関わっております。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師もおり、専門的知識を活かして、患者様の持てる力を最大限に引き出せるよう、看護の提供に努めております。

 


南6階病棟―――勤務体制:二交替

仙台医療センター 南6階病棟脳神経外科病棟では、主に脳腫瘍、頭部外傷、脊髄疾患の周手術期の患者が入院されています。入院時より今後の方向性を見据え看護に取り組んでおり、他部門と連携を図りながら、早期回復のためにスタッフ一丸となり患者・家族の想いに寄り添い看護を提供しています。


救命救急センター―――勤務体制:二交替・三交替

仙台医療センター 救命救急センター病床数18床、2次、3次救急患者さんが、年間1200人〜1300人入院し、脳血管障害や頭部外傷、心臓血管系疾患、多発外傷、全身熱傷が全体の9割を占めます。私達はいついかなる時でも『患者さんに安心と満足いただける看護を提供する』『危機的状況にある患者・家族の方々に対し適切な看護を提供する』ことを目標に日々看護しています。


仙台医療センター 救命救急センター 仙台医療センター 救命救急センター

中央手術室

中央手術室

中央手術室では、15診療科にわたる年間約5,000件の手術を行っています。

麻酔科管理・全身麻酔手術は全体の約80%を占めており 、ハイリスク手術も増加しています。患者さんに安心して手術を受けていただけるように、麻酔科医・外科医と協力し良好なチームワークのもと日々手術看護に全力をそそいでいます。

また、日々進歩する医療技術に柔軟かつ迅速に対応し、質の高い周手術期看護を目指しスタッフ一同自己研鑽に励んでおります。

外来

仙台医療センター 外来外来は28診療科 平均900〜1000名前後の患者さんが来院されます。地下1階放射線科外来を始め、1階、2階までの各診療科で診療しています。「患者さん・家族の方に安全・安心して適切な看護を提供できる」「安全の為に患者確認を徹底し、患者の立場に立って思いやりの看護を提供できる」をモットーに日々の看護を実践しております。外来待ち時間にコーヒーでひとときの時間をお過ごし下さい。


救急外来は3次救急医療施設として24時間救急患者を受け入れています。

勤務体制は2交代・3交替のミックスです。

中央放射線治療室では心臓カテーテル検査・血管内治療など様々な検査・治療を行っており、消化器センターの内視鏡室では上部・下部の検査をはじめ様々な内視鏡治療を行っています。私たちは患者さんの視点に立った接遇向上をめざし、質の高い看護を提供しています。

仙台医療センター 中央放射線検査室 心臓カテーテル検査中
中央放射線検査室 
心臓カテーテル検査中

 


中央材料室

中央手術室、病棟、外来などで使用する滅菌材料を供給しています。器械類の回収、洗浄、消毒、組み立て、滅菌、搬送まで滅菌保証マニュアルに沿って行い、患者さんが安心して医療を受けられるよう、より質の高い業務を目指し日々取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.