仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 神経内科

神経内科

概要

日本神経学会の認定施設であり、神経疾患の診療、研修を専門的に行っております。

主な対象疾患として脳血管障害、脳炎・髄膜炎、多発性硬化症、パーキンソン病、認知症、てんかん、重症筋無力症、頭痛、めまい、末梢神経障害、筋肉病などがあります。

外来では頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、筋力低下などの症状を中心に迅速かつ正確な診断と治療を心がけています。

入院では脳血管障害の診療が中心ですが、脳神経外科との連携により最良の治療をめざしています。

診療実績

脳血管障害

今後一層高齢化が進む我が国では、現在でも要介護や寝たきりになる原因疾患の1位を占めており、急性期治療のみならず、合併症の管理や再発予防への対応も重要である。当科では急性期にはMRIで新たに発生した脳梗塞巣を速やかに診断し、標準的な治療を行っている。MRAによる脳血管の評価や心エコー、頸動脈エコーなど心血管系の評価を実施し、さらに高血圧・糖尿病・高脂血症など危険因子の検索や治療により、再発予防対策にも力を入れている。

また、すべての入院症例について脳神経外科との合同カンファランスを行い、血管内治療、外科的治療など最善の治療の選択をする体制をとっている。

また、リハビリテーション病院との連携を深め適切な時期に転院できるよう努めている。

神経感染症

脳炎・髄膜炎に対しては、早期に脳脊髄液検査や画像診断を行って迅速に診断し、エビデンスに基づいた感染症治療を行っている。当院ではHIVに関連した中枢神経感染症を経験することも増えてきており、実績をあげている。

免疫神経疾患

多発性硬化症やギラン・バレー症候群、重症筋無力症などの免疫性神経疾患の診療は早期に診断し、適切な治療を選択する必要があるが、当院では最新の免疫抑制剤やγグロブリン大量療法、血漿交換療法、インターフェロン療法等を選択し、良好な成果をあげている。

重症筋無力症については、免疫学的な治療を含めた様々な治療を組み合わせて最良の治療を選択し、学会等でも全国に情報発信している。

神経変性疾患

パーキンソン病や脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病について診療しているが、短期入院での薬物調整やリハビリも行っている。在宅療養を行っている患者の合併症の管理も当院の重要な使命であるが、長期入院加療が必要な患者については地域の病院や国立西多賀病院、国立宮城病院などと連携して対応している。

認知症

最近、脳血管性認知症に代わりアルツハイマー病が急速に増えている。認知症をきたす疾患は多岐に及び、中には適切な治療や手術により改善する可能性のある疾患もある。当科では詳細な神経学的診察や画像検査を行い、改善する可能性のある認知症を見落とさないよう努めている。

医師紹介

職名 氏名 卒業年度 専門分野 専門医資格等
神経内科医長 鈴木 靖士 平成7年 神経内科一般、
免疫性神経疾患、神経難病
神経内科専門医、内科認定医・指導医
医師 突田 健一 平成18年 神経内科一般、
免疫性神経疾患、神経難病
神経内科専門医、脳卒中専門医、内科認定医
医師 三浦 永美子      
医師 渡辺 源也      

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.