仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

概要

耳、鼻、口腔、咽喉頭、顔面・頸部、脳神経に関する疾患の診断と治療を行います。

特に聴神経腫瘍、耳下腺・頸部等の良性腫瘍の機能保存手術および顔面神経麻痺の治療は全国でも有数の施設として知られ、また、頭頸部癌の治療でも全国的に知られています。

また、副鼻腔炎や中耳の手術等にも積極的に取り組んでいます。

特色

近年は耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域でも専門化が進み、全国的に見ても特定の領域を得意としている病院が増えています。これに対し当科の大きな特色は、耳鼻咽喉・頭頸部のあらゆる疾患の手術・治療が可能なことです。

診断では消化器内科との協力で重複癌の早期発見に努めています。頭蓋底あるいは上縦隔といったいわゆる境界領域の手術も、脳外科、形成外科、口腔外科、呼吸器外科などの他科との協力で積極的に行っております。頭頸部癌診療では緩和ケア科、放射線科、腫瘍内科の介入でチーム医療を実践しています。

また、当院は単に地域医療に貢献するのではなく、仙台全域を中心とした広域医療圏における高度医療の中心的役割を果たすべきという観点から、急患を含めたあらゆる疾患を受け入れております。

対象疾患

鎖骨から上で脳・脊髄・頸椎・眼を除くすべての疾患が対象です。

通常の耳・鼻・口腔・咽頭・喉頭・唾液腺疾患はもちろん、甲状腺腫瘍や脳神経疾患も扱っています。耳、咽頭、鼻腔の異物や入院が必要となる各種感染症、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、頸部神経鞘腫や脂肪腫、副咽頭間隙腫瘍を多く治療しております。顔面神経麻痺、突発性難聴の初期治療も多く治療しています。また頭頸部のがん・悪性腫瘍も数多く治療しており、入院の約6割が悪性疾患で占められています。

診療実績

2014年の入院症例は560例でした。内訳は頭頸部悪性腫瘍がのべ153例(27%)と最も多く、続いて突発性難聴63例、顔面神経麻痺48例、頭頸部良性腫瘍48例、鼻・副鼻腔疾患45例でした。

手術は全身麻酔が294例、局所麻酔が43例でした。内訳は喉頭微細手術32例、耳下腺腫瘍手術32例、口蓋扁桃摘出術(アデノイド切除も含む)32例、内視鏡下副鼻腔手術31例、口腔悪性腫瘍手術26例、耳疾患手術26例、咽頭悪性腫瘍手術14例、甲状腺腫瘍手術12例、喉頭悪性腫瘍手術9例などです。

全体の粗5年生存率は次の通りです。喉頭癌72%(2001-2012年:133例)、舌癌61%(2000-2009年:77例)、舌以外の口腔癌44%(2000-2009年:58例)、原発不明癌54%(1994-2012年:25例)、鼻・副鼻腔癌70%(2000-2009年:25例)、上咽頭癌53%(1996-2011年:15例)、中咽頭癌36%(1998-2008年49例)、下咽頭癌30%(1990-2005年:60例)、唾液腺癌62%(2002-2011年:19例)でした。

医師紹介

職名 氏名 卒業年度 専門分野 専門医資格等
副院長 橋本 省 昭和53年 聴神経腫瘍、頭頸部外科、頭蓋底手術、顔面神経、中耳、耳鼻咽喉科一般 日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医
耳鼻咽喉科
・頭頸部外科医長
舘田 勝 平成3年 頭頸部外科、頭頸部癌、耳鼻咽喉科一般 日本耳鼻咽喉科学会専門医、がん治療認定医、日本頭頸部外科学会頭頸部癌専門医
医師 原 陽介      
医師 大島 英敏 平成18年 中耳、耳鼻咽喉科一般  
医師 大石 哲也 平成24年 耳鼻咽喉科一般  

外来受付時間

初めての方

8:00〜10:30(放射線科は10時まで)

2回目以降の方

8:00〜11:00

お電話でのお問合せ

TEL:022-293-1111(代表)

当院の概要を見る

仙台医療センター 臨床研修医募集

仙台医療センター 採用情報

仙台医療センター 調達情報

仙台医療センター附属仙台看護助産学校

仙台医療センター 救命救急センター

仙台医療センター 母子医療センター

仙台医療センター ウイルスセンター

仙台医療センター医学雑誌 SMCJ

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.