仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 放射線科 > 血管撮影

血管撮影

概要

当院の血管撮影室は血管系IVR(Interventional Radiology )を中心に24時間医師、診療放射線技師、看護師、臨床工学技士(心臓カテーテル時)がチームとなって24時間迅速に対応しています。

IVRとはカテーテルを使ったX線造影検査を併用した治療のことで、カテーテルと呼ばれる細い管を血管に挿入し、目的部位までカテーテルを進め治療をします。当院では血管塞栓術(出血源塞栓術、動脈瘤などに対する予防的塞栓術など) 、血流改善術(血管形成術、血栓溶解療法、血管内ステント留置術など) 、動注化学療法(肝癌など)、皮下埋め込み式リザーバー治療術、血管内異物除去術などが施行されています。IVRは近年、画像診断装置、ステントなど機器、器具の高度化とともに飛躍的に発達しています。従来の外科的治療と比べて患者さんの負担が少なく、かつ迅速に治療ができる点が最大の特徴です。

当室はFPD(フラットパネルディテクター)を搭載した最新の血管撮影装置(フィリップス社製 Allura Xper FD20/20、シーメンス社製Airtis Zee BC)が導入されており、低被ばくで高画質な撮影を提供しております。更に、三次元血管撮影、三次元血管解析、FPDを用いたCT撮影、高解像度ステント撮影、臓器の血流状態を可視化する最新ソフトウエアなどが導入されておりIVRを力強くサポートしています。

フリップス社製 Allura Xper FD20/20
フィリップス社製 Allura Xper FD20/20

シーメンス社製 Airtis Zee BC
シーメンス社製 Airtis Zee BC


頭頚部領域の治療

頭頚部領域では、カテーテルを用いた脳血管内治療を中心に行われています。クモ膜下出血などの原因となる破裂動脈瘤、未破裂動脈瘤に対するコイルを用いた塞栓術、薬剤などを用いたAVM(動静脈奇形)の塞栓術、静脈洞瘻の瘻孔塞栓術、急性期脳梗塞治療における血栓除去術・溶解術、閉塞・狭窄血管に対する血管形成術、薬剤などを用いた頚部腫瘍に対する動注化学療法など高度なカテーテル治療が行われています。

利点は外科的開頭手術と比べると患者様への負担が少なく、全身状態の悪い患者様や高齢者も治療対象となります。更に複数の動脈瘤も一度の手技で治療可能であり、治療時間も開頭手術と比較して短時間で施行可能です。治療後の入院期間も短く、早期の社会復帰が可能となっています。

体幹部領域の治療

体幹部(胸部・腹部・骨盤部)領域では、動脈塞栓術、抗がん剤・動注療法、出血源に対する塞栓術等の低侵襲的な治療が行なわれています。

肝臓領域は肝動脈塞栓術(TAE)、経皮経肝アルコール注入療法(PEIT)、肝動脈内動注化学療法(TAI)、皮下埋込み式リザーバー動注化学療法等がカテーテルを用いて行われています。カテーテルを用いて手技を行うため、外科的手術のように皮膚を大きく切開する場合に比べて、身体への負担も少なく済ませることができます。

また、外傷等による出血原因となっている血管を特定し、その血管に対して金属コイル等の塞栓物質を詰め止血する治療も積極的に行われており、救急医療分野で重要な役割を担っています。当院は三次救急施設であるため24時間対応可能な体制をとっています。

冠動脈や不整脈の治療

循環器撮影室(シーメンス社製Airtis Zee BC)では、心臓の冠動脈の治療や不整脈の治療などが行われます。

心臓は全身に血液を送るポンプの役割を果てしています。その心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈に異常がないか、また心臓自身に異常がないかなどを調べ、冠動脈に狭窄があった場合バルーン(風船)やステントを用いた治療を行います。

心臓が非常にゆっくりとしたリズムで収縮する状態(徐脈)になってしまう病気(房室ブロック)や脈が不規則になり、時には停止したりすることにより起こる不整脈(洞不全症候群)などに対し、心臓が正常なリズムで収縮するためにペースメーカを植え込みます。左右どちらかの鎖骨の下にペースメーカの入るポケットを作り、鎖骨下の太い静脈からペースメーカ本体と心臓を結ぶリードを挿入して心臓の適切な位置に留置します。当院では最新のMRI適応のペースメーカーも採用されており、その適応も広がっていくものと考えられます。

また、不整脈の治療として行われるアブレーション治療は、心臓の拍動リズムに異常を来して脈拍数が多くなる、「頻脈性不整脈(ひんみゃくせいふせいみゃく)」という病気に対し行われます。足の付け根などの太い血管からカテーテルを入れて、心臓内部の不整脈の原因となっている部分を小さく高周波電流で焼き切ります。手術が成功すれば不整脈の根本的な治療をすることができます。但し、心室細動や心室頻拍などには効果はなく、これらには植込み型除細動器(ICD)が使われます。

検査体制

当院では緊急検査が多いため、血管撮影室スタッフは各診療科医師をはじめとして、診療放射線技師、看護師、臨床工学技士のスタッフが連携し、チームワーク良く対応しております。

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.