仙台医療センタートップページ > 診療科・各部門のご案内 > 放射線科

放射線科

概要

放射線科の業務は、放射線診断・放射線治療に大別できます。
放射線診断は、CT・MRI(磁気共鳴画像)・血管造影など各種診断機器を用いて的確な検査・診断を行い、病気や病態を主治医に伝えることで、診療に貢献する科です。近年の診療において、画像診断の重要度は高まる一方です。2010年1月には最新のCTを導入し、高品質かつ低被曝の検査を提供しています。また、血管造影などの手技を直接的治療にも応用し、外傷や動脈出血の治療あるいは閉塞性動脈疾患の再建などにあたっています。

放射線治療も、専門の医師・物理士を擁し、年間400名以上の新患患者の治療を行っています。放射線治療は進歩が著しい分野で、癌治療の極めて重要な担い手であり、今後ますます需要が増加すると予想されます。当院はIMRT(強度変調治療)、SRT(定位放射線治療)など良好な先端治療を高精度で行える専門装置も導入しており、最新のがん治療の提供を心がけています。

主な業務

スタッフ構成

医師

診断医5名、放射線治療医1名

放射線科 医師一覧

職名 氏名 卒業年度 専門分野 専門医資格等
診療技術部長
放射線科部長
佐藤 明弘 昭和62年 放射線治療・診断 放射線科専門医、IVR指導医
放射線科医長 栗原 紀子 昭和63年 放射線診断 放射線科専門医
放射線科医長 力丸 裕哉 平成8年 放射線診断・IVR 放射線科専門医、IVR指導医
医師 加藤 裕美子 平成8年 放射線診断 放射線科専門医
医師 奈良崎 覚太朗 平成13年 放射線治療 放射線科専門医
レジデント 野村 脩子 平成19年    

診療放射線技師

放射線技師長1名、副診療放射線技師長2名、主任技師6名、診療放射線技師19名、X線助手1名

看護師

中央放射線配属2名、関係病棟より交代配属2名

保有している主な装置

種類  モデル名  メーカー  備考 
一般撮影装置  UD-150B-40等  島津  2管球構成で5台 
歯科撮影装置  ベラビュースコープ゚
X-600-CP等 
モリタ  デンタル1台、パノラマ1台 
X線テレビ装置  MDX-8000A型
Ultimax等 
東芝  2台 
乳房撮影装置  MAMMOMAT 3000 シーメンス  1台 
ポータブル撮影装置  シリウス130HP等  日立  3台 
骨密度測定装置  QDR4500A ローランド  DEXA装置 
外科用テレビ  STENOSCOP Plus等  GE  2台、手術中DSA撮影等 
X線CT装置  SOMATOM Definition Flash シーメンス  2管球式128列 
Brilliance CT フィリップス  16列 
血管撮影装置  Allura Xper FD20/20 フィリップス  FPDバイプレーン 
AdvantxUNV GE   
心カテ装置  Artis zee BC シーメンス   
MRI装置  MAGNETOM Avanto シーメンス   
Intera Achieva 1.5 T フィリップス   
Signa MR/I  GE   
ガンマカメラ  SYMBIA シーメンス   
放射線治療装置  ノバリス  ブレインラボ  高精度IMRT装置 
MHCL-15DP 三菱   
CRシステム  FCR 富士フイルム  コンソール9システム 
3Dサーバー  Aquarius NET Server
Intution Edition
テラリコン   
RIS RISMEC メディカルクリエイト 日常点検簿付
検像システム iRAD-QA インフォコム 5サーバー
PDIシステム Professional5400N リマージュ PACS・電子カルテ連動

業務量の概数

  • 一般撮影 160人/日
  • ポータブル撮影 40人/日
  • CT検査 100人/日
  • 血管撮影 4〜6件/日
  • 心カテーテル 10件/週
  • MR検査 40人/日
  • RI検査 10人/日
  • 放射線治療 50人/日

ページの先頭へ戻る

独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター

〒983-8520 宮城県仙台市宮城野区宮城野二丁目8番8号
TEL:022-293-1111(代表)FAX:022-291-8114

Copyright © 2013 Sendai Medical Center All Rights reserved.